ボトックス小顔効果【痩せるための取りくみ】

大きな輪郭を小さく出来る

鏡を見る人

筋肉の発達を抑えて小さく

エラが張っていて顔が大きく見えてしまうエラ張りですが、実は咬筋が発達して顔が大きく見えている場合があります。咬筋は誰でも食事をしたり、話をしたりする際に使用する筋肉ですが、奥歯で食べものを噛む癖がある人や寝ている時に歯ぎしりをする癖がある人は発達しやすい傾向jにあるでしょう。そんな咬筋が発達することで筋肉に厚みが出てしまいぼこっと出っ張った様に見えてしまいます。そこで役立つのがボトックス注射です。ボトックスは筋肉の動きを抑制し、筋肉自体を細く薄くすることが出来ます。エラ張り部分にボトックスを注入することでボトックス小顔効果を実感することが出来るでしょう。ボトックス注射の効果自体は3ヶ月から4ヶ月程度になりますが、エラの部分は比較的効果が残りやすく、何度か施術を受けることでボトックス小顔効果を維持することが出来る期間が長くなっていくでしょう。エラ張りは骨を削らないといけないと考えている人も多くいますが、実は骨ではなく、筋肉が発達して出っ張っている人も多くいます。そんな時にボトックス注射は大変有効であり、ボトックス小顔を効果をしっかり感じることが出来る優れものです。ボトックス注射で使用するボトックスは安全性の高いものを使用しており、副作用も大変少なくなっています。メスを使用する施術よりもダウンタイムを短くすることが出来、昼休みに施術を受けるという様なことも出来てしまうでしょう。その為、ボトックス小顔効果を得る為に、いまではたくさんの人が施術を受けています。ボトックス注射自体専用の医療用の極細針を使用しているので痛みが大変少なくなっていますが、痛みが弱い方は麻酔をしてもらうことも可能です。施術後は一ヶ月程度掛けて徐々にボトックス小顔効果が現れ、自然にフェイスラインをすっきりさせることが出来ます。周りの人から最近痩せたんじゃないなどと声を掛けられるかもしれません。ボトックス注射は急激に輪郭を変えるものではなく、徐々に効果が現れてきます。その為、周りの人にも施術を受けたことがばれにくい施術です。まるでダイエットしたかの様なボトックス小顔効果を実感することが出来るでしょう。また、ボトックス注射後は患部を強く押したり、マッサージをしたりするのは止めましょう。患部を押すことでボトックスが思わぬ方向に広がってしまう恐れがあります。出来るだけそっとしておくことが大切です。そうすることで1ヶ月後には、理想のフェイスラインを作ることが出来るでしょう。

Top